2017年会員便り

2016年へ
2015年へ
2014年へ
2013年へ
2012年へ
2011年へ
2010年へ
2009年へ
2008年へ
2007年へ
2006年へ
2005年へ
2004年へ
2003年へ
2002年へ





2017年9月号掲載

≪新入会のご挨拶≫

金子太郎(昭58経)

 この度入会させていただきました金子太郎(かねこたろう)と申します。よろしくお願いします。

 出身は東京で、塾高から慶應です。学生時代はショカールスキークラブというサークルに入っており、クラブのメンバーを中心に多くの仲間たちと大いに学生生活を楽しませていただきました。

 卒業してからはニッカウヰスキーに就職、その後アサヒビールとの営業統合があり、かれこれ30年以上も酒類業界にどっぷりと浸かっています。赴任地はずっと東日本が多く、神戸に住むのは今回が初めてで、現在は業務用部門を担当しています。業務用部門とは、飲食店を担当する部門で、お陰様でこの1年間で多くのお店にお邪魔しました。趣味は広く浅くで、旅行、スポーツ、映画・演劇鑑賞、読書など多岐に渡っていますが、やはり一番は仲間たちと一緒に飲んで盛り上がることです。いろいろな機会にお声がけをいただけたら嬉しいです。これからもよろしくお願いします。


≪新入会のご挨拶≫

松久士朗(昭62政)

 皆様、初めまして。昭和62年法学部政治学科卒業の松久士朗です。
伝統ある神戸慶應倶楽部に仲間入りさせて頂きました。よろしくお願いします。

 私が入学した昭和58年は慶應義塾創立125周年、翌年が日吉開設50年。翌々年が福沢先生生誕150年、この年は秋の東京六大学野球優勝、ラグビー日本選手権で日本一。神宮球場、国立競技場での歓喜の瞬間を今も覚えています。大学生活はテニスサークルを中心にコンパやディスコ、合宿など楽しかった思い出が甦ります。ゼミは石川忠雄(当時塾長)研究会(中国の政治外交)。名塾長と謳われた石川塾長から薫陶を受けたことは私の人生の財産であり誇りです。

 卒業後は当時バブル景気に沸いていた証券業界に5年間身を置いた後、故郷に戻り兵庫県庁に奉職してもう25年。現在は防災企画課長として県の防災・危機管理政策を推進しています。

 平日は県庁近くの災害待機宿舎で単身赴任生活、週末はたつの市の自宅に帰り、ガーデニングやクラシック音楽で心と体を癒やしています。皆様との新たな出会いと交流を楽しみにしておりますのでよろしくお願いします。

≪新入会のご挨拶≫

早川直樹(平6商)

 平成6年商学部卒業の早川です。商学部では小林ゼミに所属していましたが、同ゼミの後輩の中西さんが同じ神戸勤務ということで、一緒に参加した会合で、松尾副幹事長にお 声かけいただいたのをきっかけに当倶楽部に入会させていただきました。

 平成6年に卒業後は日本火災に入社、2回の合併と5回の転勤を経験し、現在は、損害保険ジャパン日本興亜の神戸支店に勤務しております。

  出身は愛知県で千種高校を出ております。大学では、学生健康保険委員会と陸上同好会に所属しておりました。学生の頃からやっていたランニングは今でも続けており、年に2〜3回ほどフルマラソンを走っております。

  神戸では単身赴任をしており(家族は福岡在住)、例会などできる限り参加させていただきたいと思いますので、何卒よろしくお願いいたします。

≪新入会のご挨拶≫

中西正憲(平8商)

 はじめまして。平成8年商学部卒業の中西正憲です。出身は奈良県です。大阪の私立高校卒業後、商学部に入学。三田では小林啓孝ゼミに所属し、ディベート漬けの日々を過ごしていました。現在三菱UFJ信託銀行神戸支店に勤務。当該配属をきっかけに神戸慶應倶楽部に入会させて頂きました。

 趣味は旅行と食べ歩き。美味しいお店がたくさんある神戸が大好きです。地元のグルメ情報を是非お教え下さい。特技は資格取得。社会人になってから、MBA・証券アナリスト・1級FP技能士・宅地建物取引士等を取得。大学院は実は早稲田を修了していますが、慶早戦は当然のことながら慶應を応援しています。歴史ある神戸慶應倶楽部の皆様とのご縁を大切にしたいと思いますので、引き続きご指導ご鞭撻の程宜しくお願いします。

≪新入会のご挨拶≫

田中圭(昭57文)

 はじめまして。昭和57年文学部社会学科卒業の田中圭です。私自身は東京生まれ東京育ちですが、主人の出身である神戸に移り住み、早くも25年以上経ちました。学生時代はテニスの同好会 (SLC) に所属していましたが、現在テニスからはすっかり遠ざかり、目下のところゴルフの魅力に取り憑かれています。神戸慶應倶楽部も、ゴルフ友達の安井明子さんの紹介で入会させて頂きました。神戸はゴルフ場へのアクセスが非常に良く、魅力的なコースも多いので恵まれた環境に感謝している次第です。みなさま、よろしくお願いいたします。

≪新入会のご挨拶≫

太田理映(平19法)

 皆様、はじめまして。この度、堺会長にご紹介頂き神戸慶應倶楽部に入会致しました、太田理映と申します。

 私は、1997(平成9年)年に慶應義塾中等部入学後、慶應義塾女子高等学校、慶應義塾大学法学部法律学科を経て、2009年(平成21年)に慶應義塾大学大学院法務研究科(法科大学院)を卒業しました。その後、司法試験合格を経て弁護士登録をし、東京で活動して参りましたが、日に日に幼少期を過ごした神戸への郷土愛が強くなり、この度、20年振りに神戸に戻って参りました。現在は、神戸市内の法律事務所に所属し、引き続き弁護士として活動しております。

 趣味は、ゴルフ(下手の横好き)、パン・コーヒー・ラーメン研究、鉄道旅行(いわゆる「乗り鉄」「路線図鉄」の鉄子です)、特技は、絶対音感があることです。

 12年間過ごした慶應義塾への愛着はひとしおですが、神戸慶應倶楽部において、皆様方と“慶應義塾愛”を共有できることを、とても嬉しく思っております。それでは、これからご指導のほど宜しくお願い申し上げます。

2017年6月号掲載

≪新入会のご挨拶≫

高橋 毅(平6商)

 平成6年商学部卒業の高橋毅です。所属ゼミは金子隆ゼミです。平成29年2月より山陰合同銀行西宮市店で支店長をしております。出身は島根県松江市で松江南高校を卒業しました。

 当地での勤務は初めてで、戸惑うことも多々ありますが、神戸慶應倶楽部の皆様と知り合うことができ、大変心強く感じております。現在単身赴任中ですので、どちらにでも顔を出させていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。


≪新入会のご挨拶≫

藤井 隆志(平8商)

 皆様初めまして。平成8年商学部卒業の藤井隆志と申します。この度副幹事長の今泉さんのご紹介により神戸慶應倶楽部に入会させていただくことができました。

 在学中は、日吉での自由な生活を経てゼミでは村田研究会に所属し、主にマーケティングを研究しておりました。マーケティングとはいっても村田教授の教えは「マーケティングは愛だ!」というものでしたので広告学や市場調査というよりは、楽しく心の熱いゼミ生活を過ごしておりました。

 卒後は当時の三和銀行に入社、現在に至るまで金融の世界におります。
私自身は関東で育ちましたが両親が大阪出身で私の本籍も大阪であったことから、配属が大阪となり、それ以来ずっと関西で生活をして参りました。転職を含めまして実に17年間という月日を関西で楽しく過ごしております。現在は大阪在住ではありますが西宮に10年住んでおりましたので、特に阪急沿線が大好きです。趣味はサーフィンと演劇鑑賞です。

 多種多様な経験と知識をお持ちの先輩方を始め神戸慶應倶楽部の皆様とお付き合いさせていただき、自身もさらに成長していきたいと思っております。何卒ご指導ご鞭撻のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。

2017年4月号掲載

≪新入会のご挨拶≫

岡本 一真(平11医)

 こんにちは。心臓外科医の岡本です。大阪、神戸で育ち、灘高校卒業後、1999年(平成11年)に医学部を卒業しました。外科、心臓血管外科の修練を経た後、2017年10月まで慶應病院で慶應義塾大学心臓血管外科講師として手術や学生教育、研究などに従事してきました。11月から明石市にある明石医療センターに赴任し、小切開による心臓手術など低侵襲心臓手術を中心に地域医療に貢献していこうと思います。皆様の周囲に心臓関連でお困りの方がいらっしゃいましたらどんなことでもご相談下さいませ。

 私は、神戸慶應倶楽部のメンバーのなかでも最も長く慶應義塾に所属した一人かと思いますが、実は慶應をそんなに愛しているわけではありません。ただ、三田会には大変感謝しております。学生時代のサンパウロ、マナウス、リオデジャネイロ、ポルトアレグレ(ブラジル)、コロンビア、メキシコ、留学中のブリュッセル、ミラノ、ジュネーブと宴会に参加した海外三田会の数では塾長に次ぐ数ではないかと自負しております。そのご縁は今でも続き私の大きな財産となっております。

 昨今、とくに医学部では阪神間出身の学生がめっきり減り、寂しい思いをしていました。神戸慶應倶楽部の存続のためにも阪神間から慶應に学生を送り込むべく運動が必要かもしれません。

 皆様、今後ともよろしくお願い申し上げます。

≪新入会のご挨拶≫

大塚 日香(平13環)

 初めまして。日香(ひかる)という名前は萬葉集の一節「日香空に…」というところから名付けられました。シドニーでのAFS高校交換留学生活で、生まれ育った大阪中之島とは随分異なる風景を目の当たりにし、都市計画を学ぶため湘南藤沢キャンパスに進学しました。SFCではオーケストラに所属しフルートを吹いていました。夏休みは洋裁をするのが楽しみでした。卒業後は大阪に戻り家業を暫く引き継いだ後、パリに留学しました。留学中は勉学以外に、週末の蚤の市通い、バカンス中はブルターニュ、コルシカ島、サンタ・マルゲリータ・リーグレでのセーリングにも励みました。現在はニューヨークへ時々往復し、ブロードウェイやクラシック音楽、オペラ、ファッションディストリクトでの布地選び、アメリカ国立公園旅行などを楽しんでおります。どうぞよろしくお願いします。

≪入籍のご報告≫

根来 陽子(平23商

 こちらでご報告するのは大変恐縮ではございますが、今年6月に入籍することになりました。
 相手は同じく塾員で、大阪慶應倶楽部の若手会で知り合いました。彼を神戸慶應倶楽部の若手会に誘って参加したときに、鳥巣先輩にアシストいただき(笑)急接近、お付き合いが始まりました。慶應に繋げていただいたこのご縁を大切に、二人で温かい家庭を築いていきたいと思います。振り返りますと、2014年1月17日の新年例会に初めて参加させていただいてから3年経ちました。会社生活だけでは出逢えなかったような方々と出逢い、非常に充実した時間を過ごさせていただきました。大変お世話になり誠にありがとうございます。地方会員として引き続き在籍させていただきますので、今後とも引き続き宜しくお願いいたします。

2017年1月号掲載

≪新入会のご挨拶≫

石原俊樹(平18総)

  平成18年総合政策学部卒業の石原俊樹と申します。地元六甲高校を卒業後、総合政策学部に入学。湘南藤沢キャンパスでラグビー漬けの毎日を過ごしておりました。
  卒業後は東京の海運会社に約10年勤め、一昨年、故郷である神戸に戻ってきました。業界の末端ながらも、今も船の業界で仕事をしており、非常に充実した日々を送っております。
  一方、プライベートはというと、残念ながら地元の友人はほとんど神戸から出て行ってしまっており、アルコール不足も相まって消化不良。ライフワークバランスが崩れています。
  在学中はなかなかキャンパス外の方々とのお付き合いはありませんでしたので、今回の神戸慶應倶楽部への入会を機に、皆様とたくさん交流させて頂くことを楽しみにしております。どうぞよろしくお願いいたします。